先端技術を導入したZuviヘアラボ

完全自動化による先進的な研究環境を整備しています。ヘアケアなどに関連する効果は、厳密かつ再現可能な実験から得られたデータのみを使用しています。

乾燥速度テスト

ロボットアームを使用したテストは、正確で再現可能な乾燥速度計測に必要不可欠です。


この装置を使うことで、風を吹き付ける際の強度、角度、距離を正確に維持できます。Zuviの研究開発チームは、さまざまな温度や湿度の条件下でヘアドライヤーがどのように機能するかといった知見を得るために、この仕組みと環境を構築。​

その結果、科学的かつ統計的に有意な結論を導き出すために十分な実証実験を行うことができるのです。

+109% 髪内部保水量

髪の毛は、外側のキューティクル、内側のコルテックス、そして繊維の中心に近いメデュラから構成されています。


電子顕微鏡で髪をスキャンすることで、水分量とマイクロスケールの変化の関係を理解できます。髪に与える熱量を調整すると、毛髪構造が大きく変化することが分かります。Zuvi Haloが生み出す熱の大半が、毛髪そのものではなく、毛髪の外側の水分に吸収されるため、過度な乾燥が生じません。


Zuvi Haloは従来のヘアドライヤーに比べて、髪内部の水分量を109%多く保持していることが判明しています。

+17% 滑らかに

「髪のなめらかさ」は感覚的なものであり、数値で表すのは容易ではありません。そのため、髪をとかすときの抵抗力を体系的に計算する仕組みを構築。


様々な髪質やカラーなどを用いてテストを繰り返し行った結果、Zuvi Haloで乾かした後の髪は、他のヘアドライヤーを使ったときよりも17%滑らかであるという結果を得ています。

+38% 髪が艶やかに

髪のツヤへの影響を検証するため、専用の装置、独自に配置したLEDライト、高解像度カメラを用いて、暗い部屋で髪に反射する光の変化を検出しました。


Zuvi Haloを使用した場合、平均でツヤが38%増という結果が測定されました。これは、キューティクルが整った髪の方が、キューティクルが剥がれた過乾燥の髪よりも光をさらに反射するためです。

+57% ヘアカラー持続

熱風はヘアカラーの褪色を促進する原因となります。


Zuvi Haloは、LightCare™技術による独自の低温速乾により、ヘアカラーを57%も長く保持できることが実験で証明されています。

+9% しなやかに

髪のしなやかさにおいて重要な点は、髪に潤いを保つことで、ZuviHaloを使用することでそれを実現できます。


クラレンスR.ロビンスが執筆した、髪の科学の分野で権威のある「Chemical and Physical Behavior of Human Hair(毛髪の化学的および物理的挙動」において、髪内部の水分がケラチン鎖とどのように作用して、よりしなやかな髪になるかを詳しく説明しています。例えるなら、濡れたロープの強度が増すことと同様です。


この理論を検証するために、水分含有量と髪の柔軟性の関係を測定する強度テストを設計し、髪が切れる限界点まで髪を伸ばす検証を行いました。


この実験を通じて、Zuvi Haloを他のヘアドライヤーと比較した場合、髪の毛が9%強いことが分かりました。