持続可能なイノベーション

自然に学び、自然を生かす

Zuviは、テクノロジーは単に便利で快適な生活をもたらすだけでなく、人類が地球に与える影響も考慮すべきであると考えています。


この信念に基づき、Zuvi がすでに開発した製品と開発中の製品は、エネルギー効率と消費の両面で、人と環境に優しい持続可能性を強く意識しています。

43% 省エネ

ヘアドライヤーはご家庭の中で、最も電力を使う製品の一つで、一般的な電子レンジと比較すればその大きさが分かります。

エネルギー効率に優れた特許取得済みのLightCare™技術を搭載するZuvi Halo有線モデルの消費電力は680Wで、1200Wの従来型ヘアドライヤー比で57%です(コードレスは290W)。

しかし、他のプレミアムドライヤーと同等またはそれ以上の速さで髪を乾燥させることが可能です。

Zuvi を使えばカーボンフットプリント削減に貢献

Zuvi Haloを使用することで、二酸化炭素排出量を大幅に削減することができます。Zuvi haloを1日おきに10分間使用すると、木を1本植えるのとほぼ同じ効果があります。15kgの石炭、または30kgのCO2*の削減と同等です。

髪と環境にも優しく

想像してみてください、もし、900万台の乗用車を道路から排除することができたなら。400万トンの石油消費量を節約できたなら**。
Zuvi Haloを使用することで、私たち一人ひとりの行動が、ひいては大きな環境への貢献へと繋がるのです。

*消費電力の削減は、従来型のヘアドライヤーの代わりにZuvi Halo ヘアードライヤーを1日10分間、1年間使用した場合の試算です。石炭火力発電所の平均的な発電力に基づき、二酸化炭素排出量 1kWhの電力に必要な石炭は0.513kg、二酸化炭素排出量は1.002kgでの試算に基づきます。


**EUでの年間ヘアードライヤー使用量に基づき、zuvi haloヘアードライヤーを使用した場合の想定年間消費電力量節約を計算し、グローバルモデルとして換算。Zuvi Haloを使用した場合の各産業(自動車、石油、石炭)への世界的な影響については、産業統計データをもとに算出。1TWhの電気は0.086Mtoeの石油を必要とし、1.003Mtoeの炭素を発生させます。自動車1台あたりの年間CO2排出量は、統計上4.6トンと想定。